学ぶ住宅診断

住宅診断の検査とは?

住宅診断の検査とは?

住宅診断の検査とは? 住宅の劣化状況や改修すべき点などを見極めることを住宅診断といいます。住宅診断は住宅診断士や建築士が行います。適切な判断をしてアドバイスします。この診断は自宅を売り出す際や中古住宅を購入する際に行うことで、補修の有無や箇所、それに伴う費用などがわかることで取引が円滑に進む、トラブルが起きにくいということにつながります。

また、自宅の定期点検や災害後にも良い判断をとれることで注目されています。住宅診断の方法としては、基本的に目視で行われます。屋根や外壁、床下、室内などの劣化状況を見ます。建築のプロだからこその視点で外部から見える部分を目視し、そのうえで必要な場所をサーモグラフィーやファイバースコープなどを使用して細かな検査をしていくことが行われます。これらの検査ののち、調査結果報告書が提出されます。これによって自宅を長持ちさせるための未来的な計画が立てられることや、購入する際の判断材料、売る際の取引に利用されていきます。住宅は生涯をかけて購入することが多く、快適な生活を送るための基本的なものです。こういった診断を受けることで安心感を持って住むことができるのです。

住宅診断はどのような検査を行い何が目的なのか?

住宅診断はどのような検査を行い何が目的なのか? 住宅診断が必要であると感じる方は少ないと思いますが、それは日本だけの考え方であってアメリカなどでは診断をしてもらうのが一般的で、俗にホームインスペクションと呼ばれています。しかし、住宅診断をしてもらうのには何か意味があるのでしょうか。もちろんしっかりとした意味があって行われていて、自分の家を売却する際に安全に相手に買い取ってもらえたり、これからどのような修繕リスクが降りかかってくるのかなどをあらかじめ予測することができ、可能であれば今すぐに修繕を行って被害を最小限に抑えることも可能になります。

検査は基本的に第三者機関が行い、しっかりとした基準があるので報告書の信頼性も非常に高いです。調査は室外はもちろん室内や床下などの調査もされるので、隅々まで把握することができます。調査費用はかかりますが、早めに家の不具合などを把握していれば修繕費を安く抑えることができ、トータル的に得をすることになるのです。